プログラミング

フロントエンドのビルドツール「Vite 3.0」リリース

 vitejs.devは、フロントエンドのビルドツール「Vite 3.0」をリリースした。

 「Vite」は、高速動作を特徴とするフロントエンドのビルドツール。Vue.js、React、Svelteがサポート対象となっている。「Vite」は、ES modulesの仕組みを利用して、必要な時に必要なファイルだけをコンパイルしてブラウザに送る仕組みになっている。この仕組みによって、高速動作を実現している。

「Vite 3.0」では、Viteの高速なテストを行うためのcreate-viteテンプレートに、新たなドキュメントに則った新しいテーマが追加されたほか、Vite CLIにおけるデフォルトの開発サーバポートが「5173」となり、プレビューサーバが「4173」をリッスンするよう変更されるなど、複数の変更が施されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事