プログラミング

Rustでプロセスが記述できるフレームワーク「Tauri 1.0」リリース

 クロスプラットフォームのアプリケーションフレームワーク「Tauri 1.0」が6月16日(現地時間)、リリースされた。Tauriの初の安定版となる。

 「Tauri」は、HTML、CSS、JavaScriptといったWeb技術を利用してアプリケーションのユーザインターフェイスを作成することができるフレームワーク。特徴として、メインプロセスを「Rust」で実装できる点が挙げられる。また、TauriはクロスプラットフォームでありながらユーザインターフェイスをOSネイティブのWebレンダラーで行うため、アプリケーションのサイズを小さくすることができるという。なお、Linux版では「WebKitGTK」が必要となる。

 「Tauri 1.0」の対応プラットフォームは、Windows 7/8/10、MacOS、Linuxとなっており、iOSも進行途上、Androidにも対応する予定があるという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Tauri
Blogによる記事