プログラミング

Microsoft、「OpenJDK」の自社ビルドをプレビューリリース

 Microsoftは4月6日(現地時間)、「OpenJDK」の自社ビルドをプレビューリリースした。

にした無償の長期サポート(LTS)ディストリビューションで、デスクトップおよびサーバー向けのWindows(x64)、macOS、Linuxで動作する「Java 11」バイナリが含まれている。

 Javaは大きなシェアを持つプログラミング言語の1つで、応用範囲も広い。今回発表された「OpenJDK」のMicrosoftビルドは、「OpenJDK 11.0.10+9」をベースとしており、「OpenJDK」のソースコードをEclipse Adoptiumプロジェクトで利用されているものと同じビルドスクリプトでビルドしている。Windowsのほか、Mac OS X、Linuxで動作する「Java 11」バイナリを有している。

  「OpenJDK」のMicrosoftビルドは、GitHubからダウンロードできる。なおライセンスはクラスパス例外付きの「GNU General Public License 2.0」。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース