はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

Python向けWebアプリケーションフレームワーク「Django 3.0」リリース

 Python向けWebアプリケーションフレームワーク「Django 3.0」が12月2日、リリースされた。

9年ぶりのメジャーリリースとなる「Django 3.0」を発表した。サポートするPythonのバージョンが3.4~3.6となり、Python 2系のサポートは終了した。また、後方互換性のない変更も加わっている。

 「Django」は、Pythonで実装され、Pythonに向けたWebアプリケーションフレームワーク。MVCアーキテクチャを採用しており、Webアプリケーションの作成に必要なコンポーネントとセキュリティ機能を提供する。

 「Django 3.0」は、メジャーアップデートリリース。サポートするPythonのバージョンが3.6~3.8となり、MariaDBは10.1以降が必要となる。また、非同期処理のフルサポートを目指すための変更が多数施されている。この他にも、新しい関数の追加、機能の強化、コマンドなど、様々な強化が加わっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress