はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

「OpenSSL 1.1.1、1.0.2」にバッファオーバーフローの危険がある脆弱性

OpenSSL.orgは12月6日(現地時間)、「OpenSSL 1.1.1、1.0.2」にバッファオーバーフローの危険がある脆弱性が発見されたと発表された(CVE-2019-1551)。

今回発表された脆弱性はMontgomery squaring procedureのバグによるもので、悪用されるとバッファオーバーフローの恐れがある。なお、重要度は「Low」となっており、修正版はリリースされていない。ただし、Linuxベンダーにより手が加えられているケースもあり、ユーザは情報を確認の上、アップデートなどを施すことが推奨される。

この脆弱性の影響を受ける可能性があるバージョンは「1.1.1-1.1.1d」「1.0.2-1.0.2t」となっている(1.0.1およびそれ以前のバージョンはサポート終了)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Security Advisory

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress