はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

オープンソースのアプリケーション開発フレームワーク「Flutter 1.7」リリース

 Flutter.devは7月10日(現地時間)、オープンソースのアプリケーション開発フレームワーク「Flutter 1.7」をリリースした。

オープンソースのAndroidライブラリ「AndroidX」のサポートといった新機能が加わっている

 「Flutter」は、クロスプラットフォームのアプリケーション開発フレームワーク。モバイルアプリケーション(iOSおよびAndroid対応)開発環境として開発が始まり、現在ではWebアプリケーション、デスクトップアプリケーションなどさまざまなアプリケーションの開発に対応している。コードを記述している間にビルドを行い変更を反映する「ホットビルド」などの機能を持つ。

 「Flutter 1.7」では、新しいAndroidのライブラリ「AndroidX」のサポートが加わったほか、一つのサブミッションから64bitと32bitの両方をターゲットにできる「Android App Bundles」に対応した。その他にもさまざまな変更が加わっている。

 「Flutter 1.7」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress