はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

Google、オープンソースのプログラミング言語「Go 1.12」をリリース

Googleは2月25日(現地時間)、オープンソースのプログラミング言語Goの正式版、「Go version 1.12(Go 1.12)」をリリースした。

Goは、Pythonのようなダイナミック性と、C/C++のようなコンパイル言語の特徴を併せ持ったプログラミング言語。コンパイラとランタイムライブラリから構成されており、短時間でコードのコンパイルが可能。並列プログラミングもサポートしている。インタプリタ言語とコンパイル言語の長所を採り入れ、新たなポジションの確立を目指している。

Go言語は、Windows、Mac OS X、FreeBSD、Linux、Androidのほか、DragonFly BSDやSolarisに対応している。「Go 1.12」は、TLS 1.3を準備的にサポートしたほか、ランタイムの強化、モジュールやライブラリの強化など、複数の機能強化が加わっている。また、「Go 1.12」ではWindows/armをサポートし、Raspberry Pi 3などのWindows 10 IoT Core/Arm(32bit)でも利用できるようになった(FreeBSD 10.x、macOS 10.10 Yosemiteは「Go 1.12」をもってサポートが打ち切られる)。

「Go 1.12」は、Linux版とMac OS X版がWebサイトに公開されている。ライセンスはBSDベースの独自ライセンスとなっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事
Go公式サイト

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress