はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

ソフトバンク、「5G×IoT Studio」をリニューアル

 ソフトバンクは11月30日、第5世代移動通信システム(5G)の実験機器や周辺機器、エッジコンピューティングを想定した高性能サーバなどを設置した屋内トライアル環境として、2018年5月18日にオープンした「5G×IoT Studio」のお台場ラボを、11月30日にリニューアルしたと発表した。

 今回リニューアルオープンした「お台場ラボ」では、5Gのネットワーク環境を、4.5GHz帯から28GHz帯の周波数を使用したノンスタンドアローン標準仕様に構成を変更して再構築した。5Gを活用したサービスの導入を検討する法人のユーザは、今回構築した5Gのネットワーク環境で、5Gの技術検証や5Gと高性能サーバを組み合わせたサービス、アプリケーションの検証などを実施することができる。ソフトバンクは、法人のお客さまとの実証実験を通してノウハウを蓄積し、5Gネットワークの商用展開時に安定したサービスの実現を目指す。

 また、製造業や建設業など、業種別の5Gのユースケースをイメージしたデモンストレーションを新たに用意した。今回、京都の大江能楽堂で上演された「土蜘蛛」を撮影して、5Gの実験用VRコンテンツを制作した。このコンテンツは、舞台に向かって正面、左、左奥、2階席の4カ所から360度カメラで撮影した高精細な8K映像で構成されており、立体音響技術を採用したことで、ユーザーが見る方向に合わせて音が追随し、舞台の奥行きを感じることができる。高速大容量・低遅延でデータ通信が可能な5Gを活用して、ユーザはこのコンテンツを遅延なくスムーズに視聴できるとともに、違う視点の映像に瞬時に切り替えることが可能なため、遠隔地にいながらでもその場にいるかのような臨場感が得られるという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress