はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

オープンソースのCMS「Drupal」に極めて重要なセキュリティ修正、既に攻撃も確認

drupal.orgは4月25日(現地時間)、オープンソースのCMS「Drupal」に極めて重要なセキュリティ修正を行ったと発表した。

「Drupal」は、当初はBBSシステムとして開発されたシステム。PHPで実装されており、ApacheやIISで動作する。動作にはMySQL、PostgreSQL、MongoDBなどのRDBMSが必要。Drupalはユーザ管理、レイアウトカスタマイズ、ブログ作成システム、フォーラムなどCMSの基本的な機能をカバーしている。

今回の発表では、Drupal 7.xおよび8.xにリモートコード実行の脆弱性が存在しており、悪用されるとDrupalを利用したサイトが制圧される恐れがあるという。今回の脆弱性の重要度は「Highly Critical」となっており、また、今回の脆弱性を悪用した攻撃が既に確認されているという。これらの脆弱性を修正した「Drupal 7.59/8.4.8/8.5.3」がリリースされており、Drupalのユーザは速やかにアップデートを施す必要がある。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress