はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

Microsoft、Windows 3.0に搭載されていた「Windows File Manager」をオープンソース化

 Microsoftは、Windows 3.0に搭載されていたファイルマネージャ「Windows File Manager」をオープンソース化した。

 「Windows File Manager」は、1990年に発売された「Windows 3.0」に搭載されていたファイルマネージャ。MS-DOSのCUI代替を担い、Windows Explorerの前身と位置付けられている。

 今回オープンソース化された「Windows File Manager」は、「Windows 10」のほか、現在サポートされているWindowsのすべてのバージョンで動作する。ライセンスはMIT License。「Windows File Manager」はGitHubに公開されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GitHub

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress