はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

TIOBE、プログラミング言語の検索数を集計した「TIOBE Index」(2018年4月版)を発表

TIOBE Softwareは、プログラミング言語の検索数を集計した「TIOBE Index」の2018年4月版を発表した。この中では、1年前のTIOBE Indexとの比較も行われている。

2018年4月に、検索エンジンで検索された上位10個のプログラミング言語は以下の通り。
1位 Java
2位 C
3位 C++
4位 Python
5位 C#
6位 Visual Basic .NET
7位 PHP
8位 JavaScript
9位 SQL
10位 Ruby
(詳細はWebサイト参照)

同社は、今回のIndexと1年前のIndexとの比較考察の中で、行われている。この中で、Objective-CとPerlが順位を3つ以上落としている点を指摘。Objective-Cについては、Appleがモバイルアプリのプログラミング言語をObjective-CからSwiftに切り替えた点を、PerlについてはPerl6の遅延などが原因だと推測されるとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
TIOBE index

クライアントサイドMVCフレームワーク「Ember 3.1」リリース

emberjs.comは4月13日(現地時間)、クライアントサイドMVCフレームワーク「Ember 3.1」をリリースした。

Ember.jsは、クライアントサイドのMVCフレームワーク。「SproutCore」というMVCフレームワークの派生成果物であり、MVCを生かした高い性能と速度が特徴となっている。GUIアプリケーションの開発手法の考え方をWeb開発に採り入れている

「Ember 3.1」では、レンダリング実装「Glimmer VM」が刷新されたほか、「Ember Data」「Ember CLI」などのツールがアップデートされ「バージョン 3.1」となるなど、複数の機能強化が施されている。

「Ember 3.1」は、Webサイトから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

プログラミング言語Rubyに複数の脆弱性、修正を施した「Ryby 2.5.1/2.4.4/2.3.7」がリリース

プログラミング言語Rubyに複数の脆弱性が発見された。3月28日、この脆弱性を修正した「Ryby 2.5.1/2.4.4/2.3.7」がリリースされた。

今回修正された脆弱性は、不正な巨大リクエストによりDoSを引き起こす危険のある脆弱性、String#unpack における範囲外読み込みの脆弱性、UNIXドメインソケットにおいてNULL文字挿入により意図しないソケットにアクセスしてしまう脆弱性など複数の脆弱性に亘る。Rubyのユーザはアップグレードを施すことが強く推奨される。

「Ryby 2.5.1/2.4.4/2.3.7」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

Oracle、Java Standard Edition 10の実装「JDK 10」を発表

Oracleは3月20日(現地時間)、Java Standard Edition 10の実装「JDK 10」を発表した。

 「Java 10」は新しいバージョンのJavaとなっており、「JDK 10」はJava 10の初めての実装となる。なお、2017年秋にJavaのリリースサイクルが6か月に変更されており、今回のリリースは新しいリリースサイクルでの最初のリリースとなっている。なお、本年9月に予定している「JDK 11」は長期サポート版(LTS版)となる。

 「Java 10」では安定性の強化とパフォーマンスの改善などが施されほか、ローカル変数の型推論など「JEP」で定義された12個の新機能が加わるなど、複数の強化が施されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
JDK 10

Synopsys、ARCベースシステムのソフトウェア開発を効率化する「ARC HS Development Kit」を発表

Synopsysは1月29日、ARC HSプロセッサ・ファミリー向けソフトウェアの開発を効率化する「ARC HS Development Kit」の提供開始を発表した。

この開発キットには、TSMC 28 HPMプロセスで実装したマルチコアARC HSベースのチップが搭載されており、Ethernet、USB、SDIO、I2C、SPI、UART、GPIOといった各種インターフェイスのほかVivante GC7000 Nano Ultra GPU、WiFiやBluetoothモジュールを実装している。「ARC HS Development Kit」では、単一の開発ボードに、ARC HS34プロセッサをシングルもしくはデュアル・コア構成で、あるいはARC HS36ならびにHS38プロセッサをシングル/デュアル/クワッド・コアの構成で柔軟にコンフィギュレーションできる。ARC HSプロセッサは1GHzで動作し、4GBのDDRメモリも搭載している。この開発キットにより、ソフトウェア開発をすぐに開始でき、Linuxカーネル、Yocto、Buildrootシステムもサポートしているため、Linuxアプリケーションの開発にも即座に着手できる。

「ARC MetaWare Development Toolkit」も「ARC HS Development Kit」をサポートしており、高度に最適化された高密度なコードの開発ならびにデバッグを実行できる。ARC向けGNU ToolchainもARC HS3xプロセッサをサポートしている。またARC HS Development Kit は、HapsTrakコネクタ経由でシノプシスのFPGAベース・プロトタイピング・システムであるHAPSと接続することができるため、プラットフォームを拡張して新たなIPのプロトタイピングや必要なドライバの開発を進めることができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
製品情報

Pythonディストリビューション「Anaconda」に「Visual Studio Code」を組み込み

 Microsoftは2月15日(現地時間)、プログラミング言語Pythonのディストリビューション「Anaconda」に、Microsoftのスクリプトエディタ「Visual Studio Code」が組み込まれたと発表した。

Pythonは、機械学習の分野で多用されているスクリプト言語で、「Anaconda」はデータサイエンスや機械学習に向けたパッケージが組み込まれたディストリビューション。今回、AnacondaにVisual Studio Codeが組み込まれたことで、「Visual Studio Code」をインストールすれば、Anacondaを利用したPython開発が可能になる。

 「Anaconda」はWindows、Mac OS X、Linuxなどに向けたPythonディストリビューションで、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Anaconda

NTTコムウェア、企業のDevOpsを推進する「SmartCloud DevaaS 2.0」の機能強化を発表

 NTTコムウェアは2月8日、企業のDevOpsを推進する開発環境クラウドサービス「SmartCloud DevaaS 2.0」において、開発から商用環境までシームレスに利用可能とするコンテナ・オーケストレーションの提供やオフショア開発などに対するニーズに対応した機能強化を実施したと発表した。

 今回の主な機能強化の概要は以下の通り。

(1)「コンテナ・オーケストレーション」の提供
 これまでは開発環境から商用環境へアプリケーションを移行する際に商用環境側の環境設定などの構築作業が必要であったが、コンテナベースのアプリケーション移行機能を提供することで、開発環境にてコンテナ化したアプリケーションをそのまま様々なクラウド環境へデプロイ可能となった。

(2)各種OS・ミドルウェアのラインナップ拡充
 アジャイル開発で利用が進んでいるJiraやConfluenceなどのAtlassian製品のCI/CDツールラインナップを拡充した。また、試験サーバーの対応OSとしてMicrosoftやRedHatにも対応し、幅広い開発環境ニーズに対応した。

(3)UI環境の改善
 開発環境に関するリソース情報全体を直感的に確認できるように開発者向けポータルを改善した。また、ソフトウェア開発のオフショア化ニーズを受け、マルチ言語化(日本語・英語)にも併せて対応し、グローバルでの利用を実現した。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
製品情報

ソフトバンク、5GとIoTのトライアル環境を提供する「5G×IoT Studio」を開始

ソフトバンクは2月6日、5GやIoTを活用した各種サービスの導入を目指す企業向けに5G実験機器での技術検証ができるトライアル環境を提供する「5G×IoT Studio」を開始している。

今回提供される「5G×IoT Studio」では、5GやIoTを活用した新たなサービス、ソリューション、プロダクトの提供を目指す企業向けに、それぞれのサービス、アプリケーションなどが検証できるトライアル環境を提供し、新たなサービス開発をサポートする。

「5G×IoT Studio」のトライアル環境では、東京都江東区の「お台場ラボ」で5G実験機器や周辺機器、エッジコンピューティングを想定した高性能サーバなどが、また東京都港区赤坂・芝大門の「東京フィールドエリア」で屋外の5G基地局および実験機器などが提供される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

Webブラウザから利用できるIDE、「Eclipse Orion 17.0」リリース

Eclipse Orion teamは1月11日(現地時間)、Webブラウザ経由で利用できるIDE、「Eclipse Orion 17.0」を正式リリースした。

「Eclipse Orion」は、自分のコンピュータにインストールすることなく、Webブラウザ経由でアクセスすることで開発作業を行うことができるIDE。コードエディタ、デバッガ、ファイルマネージャ、Git、FTP、SFTPクライアントなど、開発に必要な機能を備えている。

「Eclipse Orion 17.0」では、Node.jsサーバの改善、互換性・安定性の向上、ライブラリの更新、バグフィクスなどが施されている。

「Eclipse Orion 17.0」は、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

HHVM Project、PHP実行環境「HHVM 3.24」リリース

HHVM Projectは1月16日(現地時間)、PHP実行環境「HHVM 3.24」をリリースした。

「HHVM」は、「HipHop Virtual Machine」の略で、PHPで作成されたコードを実行するための仮想環境。PHPと互換性のある「Hack」にも対応している。PHP Licenseの下で、オープンソースソフトウェアとして公開されている。

「HHVM 3.24」では、Hack関係の強化など機能強化および安定性向上が施されている。また、「HHVM 3.24」はPHP5との互換性を持つ最後のリリースとなるため、今後はPHP5ユーザに対してHackまたはPHP7へのアップグレードを推奨している。

「HHVM 3.24」は、GitHubからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

1 / 712345...最後 »
 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress