はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

読み物

Linux操作の基本

第8回 RPMコマンドの使い方

多くのLinuxディストリビューションでは、ソフトの管理を行うためのシステムが準備されています。ここでは、その中でもRPM(Red Hat Package Manager)と呼ばれるシステムの使い方を紹介します。RPMは、Red Hat Linux, Turbolinux, Miracle Linux, Vine Linuxなどのディストリビューションで利用することができます。

それでは、RPMの基本的な使い方を紹介することにしましょう。

ソフトのインストール

RPMのシステムでは、ソフトウェアが「○○○.rpm」という形で提供されます。通 常、intelのシステム(CPUがPentiumやCeleronなど)を使っている場合、

(ソフトウェア名)-(バージョン)-(数字).i386.rpm

という形をしています。このファイルには、ソフトに必要なファイルなどが圧縮されて入っています。

したがって、ソフトをインストールする場合は、そのソフトのRPMファイルを準備する必要があります。RPMファイルの準備ができたら、そのファイルがあるディレクトリで、

rpm -ihv (RPMのファイル名)

とコマンドを入力して実行します(但しroot以外では実行できません)。例えば、

[root@beginet root]# rpm -ihv libsafe-2.0-16.i386.rpm
libsafe
##################################################

のようにすれば、インストールが実行できます。ここで表示される「#」は、インストール作業の進行作業を表しています。

ソフトのアップデート

次に、ソフトのバージョンアップ(アップデート)の方法を紹介しましょう。これはインストールとほぼ同様で、

rpm -Uhv (RPMのファイル名)

とすれば、実行できます。但し、既にインストールされているバージョンよりも古いもののインストールは、原則的にできません。

インストールされているソフトの一覧

Linuxマシーンにインストールされているソフト(パッケージ)の一覧を表示するためには、

rpm -qa

とします。こうすると、インストールされているパッケージ名が一気に画面 を流れていきます。これをゆっくり見るためには、

rpm -qa | less

とすると、「↑」「↓」「スペース」キーを利用することで、少しずつ確認していくことができます。

また、特定の文字が入っている行だけを表示する「grep」を利用して、

rpm -qa | grep bind

のように、一覧の中からbindの文字が入ったパッケージのみを抽出することができます。

ソフトのアンインストール

アンインストールする前に、アンインストールしたいパッケージ名を確認します。例えば、xsnow というソフトをアンインストールしたい場合は、

[root@beginet root]# rpm -qa | grep xsnow
xsnow-1.40-5

として調べます。この結果をもとに、アンインストールを行います。RPMファイルのアンインストールは、

rpm -e (パッケージ名)

とします。上の場合だと、

[root@beginet root]# rpm -e xsnow-1.40-5

とします。これで、アンインストールができているはずです。試しに、「rpm -qa | grep xsnow」とすると、インストールされていないことがわかると思います。

アンインストールは、時に「依存関係が解決できない」といって順調にアンインストールされない場合があります。この時は、表示されるメッセージに従って、アンインストール作業を行なって下さい。

このページのTOPへ