はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

読み物

自宅を引っ越し&無線LANブリッジ(2005年2月2日)

今現在住んでいる部屋に引っ越してきてもう10年も経つので、引っ越すことにしました。さすがに荷物も増えて手狭ですしね。
次のお部屋を探すのに2ヶ月ぐらいかかりましたが、なんとか希望通りの部屋を見つけることができました。少しだけですがオフィスにも近くなったし、終電の時間も遅くなりました。部屋も増えたので、実験的な家庭内LANが構築できそう。

難点は電話コネクタが変なところにあるので、家の中を無線LANブリッジで繋がないといけなくなりそうなこと。とりあえずバッファローの製品を使ってみる予定です。

WLI3-TX1-G54

もう1つの悩みどころはやはりネット接続回線。とりあえずADSLが使えそうなので現状のイーアクセス+@niftyを移転させようと思っていますが、去年から@niftyも固定IPアドレスサービスを始めたらしく、この機会に固定IPにしてみるかどうか悩んでみたり。どんなもんですかね〜。

ヤマギワ閉店セールで気絶する(1)(2005年2月7日)

#「気絶」とは、秋葉原用語(?)で「気がついたら何か買っていた」ことを指します。

秋葉原のど真ん中にあるヤマギワ東京本店が、秋葉原駅前の整備事業の関係で閉店することになり、2月1日から閉店処分セールを実施しておりました。セールをやっていることは知っていても行く気がなかったのですが、AV機器やスピーカーが安いということを知り週末に出かけてきました。

お目当てはびぎねっとオフィスにも置いてあるBOSEのスピーカーだったのですが、残念ながら売り切れ。その代わり同じBOSEの5.1chセットが展示品処分で定価のおよそ50%オフ。それなりに高いといえば高いのですが、このセットをこの値段で買えるならばと清水の舞台から飛び降りたつもりで購入。しかし、これが間違いの始まりだったとは。。

つづく(のか?)

ヤマギワ閉店セールで気絶する(2)(2005年2月8日)

#「気絶」とは、秋葉原用語(?)で「気がついたら何か買っていた」ことを指します。

ヤマギワ閉店セールでBOSE製5.1chのスピーカーセットを購入したわけですが、このセットを使っているところを考えます。当初は20インチ液晶と組み合わせて使うことを考えていたのですが、部屋の広さや音の広がりを考えるとやや役不足に感じてきました。

そこで、フロアを下に降りて液晶、プラズマがずらりと並ぶ売り場へ。オーディオフロア以上に人が沢山います。そこら中の展示品が「売約済み」。うーん。。

そして、気絶。

気が付くと液晶AQUOS 37インチを買ってました(汗)

実際、以前から気になってはいたんですよね。PDPとか液晶とか。先々考えるとフルHDかな?とか、DVD鑑賞メインなら今の製品で十分だなとか。1インチ1万円を軽く切ってたりするのもいい感じで。32インチとどっちにするか迷ってみたり。とりあえず、落ち着くところに落ち着いたって感じです。

その足で再度オーディオフロアでDENONのAVアンプを購入し、やっと家路についたのでした。

ブツは引っ越し後の20日に到着予定。あとはオーディオラックなどなど、色々と調達しないといけないですね。

到着後の話につづく(のか?)

新型AQUOSにドキドキ(2005年2月9日)

というわけで、AQUOSの37インチを衝動買いしてしまったわけなんですが、今日いきなり新型AQUOSが発表に。

ニュースリリース

もう、いきなり届く前に型落ちかよ!とドキドキしながら見てみたのですが、実際にはデザインがシルバー&ブラックに変わったのと、DVI-I端子が無くなってコストダウンされたものだったわけで、一安心。まあ、「シズラー銀」といったところですか。

ほんと、心臓に悪いですね。

テレビ台・オーディオラックに悩む(2005年2月11日)

さて、この3連休は主に引っ越しの準備を行うのです。不要物は早めから捨てたおかげで荷物はかなり減っていますので、比較的楽に終わらせることができそう。なんとなく風邪気味なので、適当なところで切り上げたいところです。

問題は引っ越し後にやってくるテレビの置き台がいまだに決まっていないこと。当初は「ネルソンベンチ」にするつもりだったのですが、強度の点でやや不安な面もあるため、よりベストなものを探しているところです。今日も部屋の寸法を測りがてら駅のそばの丸井などを見てきたのですが、これといっった収穫もなく、探し方が悪いのでしょうかね。

Webで色々と検索していたところ、熱帯魚の水槽台を作っている会社のオーディオラックが頑丈でよさそう。AVアンプなども置けるのでこれもいいかなと思ってみたり。

何かおすすめがありましたら是非教えていただけるとありがたいです。

広いけど狭い(2005年2月12日)

引っ越し準備が進んで、部屋の中にあった余計なものがどんどんと箱の中に収まっていきます。ついでに収納に使用していたものなども片づいていくので、なんとなく部屋が広くなった感じ。

しかし、質量保存の法則に従い、物の絶対量が減った訳でもないので、箱があちこちに積み上がる状態になっていくわけです。引っ越しは金曜日。このままで生活か。。

Athlon 64値下げ(2005年2月14日)

少し前からAthlon 64に注目している。64ビット環境という意味ではすでにPowerMac G5で実現しているが、そういえばIA系の64ビット環境がないなあと思っていたところ、AMDがAthlon 64を値下げ。とりあえずそんなに高速でなくていいからAthlon 64のマシンを1台作ろうかなと思わせてくれたりする。

といっても、その辺りのPrice RangeのCPUは値下がり率は大きくないので、あまり関係ないかなと思ってみたり。

まだこれといったターゲットになるマザーボードも、ケースも、置く場所もないんですけどね。

無線LANコンバーター(2005年2月23日)

前の部屋の引き渡しも終わって、引っ越しも一段落。部屋もだいぶ片づいてきて、どうしても行き場のない物が入った箱が少しだけあるような感じです。
その間、無線LANコンバーターを購入し、接続してみました。2月2日の社長室で紹介したWLI3-TX1-G54です。

接続の設定自体はとても簡単。ただし、製品の箱には簡易マニュアルしか入っておらず、バッファローの無線LANアクセスポイントの持つ自動設定機能「AOSS」を使って接続する方法しか書いてありません。その他の設定はCD‐ROMドライブに入っているPDFマニュアルを見るしかなく、せめてデフォルトのIPアドレスぐらい書いておいてください、という感じです(ちなみにデフォルトは1.1.1.1になっている)。

スピードも良好で、単なるブラウジングをするだけなら全く問題なし。屋内配線に悩んだら、おすすめの一品です。

新型iPod mini & iPod photo(2005年2月25日)

今日は久々に記者発表会に参加。ネタはアップルの新型iPod mini&iPod photoです。アップルにはいつもお仕事で行っているから慣れている、というよりも発表会の前に軽く仕事のミーティングをこなしてから発表会に参加。テレビも入ってるし、席もほぼ満員。製品自体はマイナーチェンジにも関わらず高い関心ですね。

まずiPod miniですが、初期型が5色だったのに対して4色に変更。色も以前はパステル調でしたが、今度のモデルはビビッドというか鮮やかな色調に。実は私はシルバーモデルを持っているのですが、青に買い換えてもいいかなと思ったり思わなかったり。

容量が6GBにアップしたモデルが登場したこと、再生時間が18時間に伸びたことなど、これまでやや不満だったところも解消された感じです。ケーブルはUSB2.0のみになり、ACアダプタも別売りになりました。常時給電型のUSBポートがあるマシンであれば大きな問題にはならないでしょう。私の場合にはiPod mini用ミニスピーカーがクレードルがわりだったりしますので、まったく問題なし。というわけで、時期を見てチェンジしようと思います。

つぎにiPod photoですが、30GBモデルがスリムになったのが印象的。普通のiPodとして見ることもできるでしょうね。注目はデジカメから直接画像を読み込めるiPod Camera Connectorですが、実物を見ることも詳細仕様も発表されませんでした。分かったのは、USB接続でiPod photoのコネクタに接続すること。マスストレージなどいくつかのデジカメデータのI/Oプロトコルに対応していること。画像を取り込むとそのままiPod photoで写真を見ることができるようになっていることなど。大きさは画像で見た限りでは現在のDockコネクタを縦に2倍ぐらいのばした感じ。厚みも2倍ぐらい??いずれにしろ当初想像したような、デジカメ画像を待避させるストレージのような使い方はあまり想定されていないようで、iPhotoを動かすマシンがなくても使えるようにすることを主眼に置いているようです。そういう意味では、以前のMacを中心にしたデジタルハブ構想から、iPodに力点を傾けた製品戦略に変更されていることを象徴するような製品第3弾ともいえます(第1弾はiMac G5、第2弾はMac mini)。

いずれにしろ、新規にも買い換えにも良さそうなモデルで、悩む人、ぽちっといってしまう人が大いに違いないでしょう。

このページのTOPへ