はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

読み物

ペンギンスピーカー(2001年10月2日)

社長室、1日お休みいただきました。

昨日は夕方から秋葉原を少しウロウロしてました。

先週オープンしたぷらっとホームさんのクロスプラットホームスクエアにもお邪魔してみました。黒と銀を基調にした、超カッコイイスペースでした。そのうち、何かに使わせていただければなあと思いました。(デジカメ忘れたので、写真はそのうち)

さらにうろうろして、ツクモでこんなもの発見。

699円。

買うしかないでしょ。

で、早速繋いでみました。ちょっと高音に偏り気味ですが、なかなかいい音。そ れにしても、スイッチ入れると目が光るのがちょっと不気味です・・(笑)

まだ、何個か在庫があったので、欲しい方はツクモ12号店にどうぞ。

Linuxでもデスクトップかな?(2001年10月3日)

今日のニュースネタですが、Sunからオフィススイート「Sun Office」の最新ベータ版が出てきましたね。

サンフランシスコでデモを見てきたのですが、なかなかいい感じでしたので期待していました。

私はまた触ってないんですけど、そのうち使ってみようかな。どうせ私はプレゼンテーションソフトしか使わないですし、手持ちのデータが綺麗に変換できると嬉しいなあ。けど、ダウンロードするには全部で100MBぐらいあるらしいです。うーん・・(汗)

出荷は来年と言うことなので先は長いですが楽しみです。一方でハンコムオフィスもありますし、先日1.5Jを評価用に1本お送りいただいて、忙しくてまだ触れてないです。ボヤボヤしてると2.0が出てしまうので、なんとかして評価しなくては、と思いつつ、本の原稿も遅れていたりして、なかなか思うようにはいきませんね。

今日の1枚

▲本場直送・手打ち風生造り
 半生 さぬきうどん

先日の四国でのイベントの時にご一緒したS*BUGのI上氏来社。お土産として讃岐うどんをいただきました。記念に1枚。お礼にサンフランシスコでゲットしてきたノベルティを在庫処分を兼ねて大放出。

Pentium4速い!(2001年10月4日)

今朝、出社すると目の前に宅配便の人が。Pentium4搭載のマシンが届いたのだ。

早速セットアップ。HDDが40GB近くあるので、とりあえずデバイス関係をチェックするためにも20GBのパーティションを作ってWindows 2000をインストール。サクサクっと入れて再起動したら、あれ?

画面が640×480で16色・・

なんか、物凄い素朴な感じがしますよね。230Csとかを使ってた頃を思い出しました。気を取り直してnVidia社のサイトからGeForce3用のドライバをダウンしてきてインストール。今度はバッチリ。

しかし、どうしてもオーディオドライバがインストールできない。インテル社のサイトからドライバをダウンロードしてきているのですが・・とりあえずこいつは保留。そのうち解決できるかな?折角LinuxWorldでペンギンスピーカーと組み合わせてデモしようと思っていたのに・・

で、使用感ですが、メモリが128MBしかないわりに体感速度はかなり速いです。まあ、ビデオカードも速いし、RDRAMでメモリバスが400MHzってのも効いてるのでしょうね。まだベンチマークを取っていないでの、近いうちにベンチマークを取ってみたいと思います。メモリI/Oが速いから、データベースとか高速化できるかなあ・・

今日の1枚

今日は写真ではなくCDを。最近愛聴しているのが三木道三『Lifetime Respect』。オススメです。個人的にはアルバムタイトル曲もいいのですが、「斬るジャパニーズ」と「道三スタイル'01」あたりが好きですね。

三木道三 HP

行きつけのお店(2001年10月5日)

最近、行きつけのお店が出来ました。といっても飲み屋じゃないですよ(いや、飲み屋の行きつけは既に出来てるのでもうイイ、という話はありますが。。)。それは「DOS/Vパラダイス 渋谷店」です。

最近、びぎねっとでセキュリティ情報をお手伝いしてもらっているM山氏に教えてもらうまで知らなかった店なのですが、オフィスから徒歩10分弱ぐらいで行けて渋谷駅にも近いので今日も帰りがけに寄って、ノートPC用のメモリ(128MB2480円)を購入してしまいました。これでVMwareが快適に使える・・値段も秋葉原と遜色ない価格なので、これなら往復の時間+電車賃を考えたら全然安いわ〜、とすでに購入したものは今日買ったメモリの他に

  • CD-R/RW(定評のあるPLEXTORの16倍速)
  • ケース用冷却ファン(例のSMPマシン「サザンクロス」に付けたもの)
  • サウンドカード(確か2000円ぐらいの一番安い奴。これもサザンクロスに装着)

あれ、こう見ると短期間で一杯買ってるなあ・・(汗)

店員さんも対応がいいので、結構いい感じの店ですよん。

最近、あまり写真を撮る余裕がないので、今日の1枚は不定期掲載ということで・・(汗)

Pentium4、速いけど・・(2001年10月6日)

え〜、先日書いたP4マシンですが、ちょっと訂正です。てっきりチップセットが850でRDRAMでメモリバスが400MHzだと思っていたのですが、チップセットが845で、SDRAM(PC133)だったことが判明しました(汗)

P4用のBIOSには「Quiet Boot」という機能が追加されていまして、こいつはメモリチェック等々を省略して一気に起動シーケンスに入る仕組みになっています。この機能をオフにしてみたところ、BIOSの初期化画面が表示されたのですが、その時に画面に「845」の文字が。。

あれ?と思ってBIOS設定に入ると、メモリの欄には「PC133」の文字が。。そこで、早速インテル社のサイトから845を使ったボード用のオーディオドライバをダウンロードしてみたところ、無事にインストール終了。そりゃ、そうだわ。入っていたデータシートが間違ってたんですね。とりあえず一件落着です。しかし、PC133のSDRAMでも思った以上に速いってことですね。これでRDRAMとか、 DDR-SDRAMにしたら、もっと速くなるのだろうか。。

そうそう、オーディオで面白い機能として「SoundMAX」という機能が載っています。 ヘッドホンやスピーカーなどの2チャンネルでサラウンド機能を実現するというもの(もちろん他にも機能はありますが特徴的なのはコレ)。試してみたところ、確かに自分の周りを音が廻るような感じがします。色んなゲームがこれに対応してきたら、例えば対戦ゲームで後ろから狙われているとかいうことも分かるようになるのかな?

うーん、なんだか自宅にもP4マシンが欲しくなってきた・・

ノートかデスクトップか(2001年10月8日)

昨日の社長室はお蔵入りしちゃいました。実は携帯を買い替えて、意気揚揚と社長室に経緯を書いたのですが、今朝電話があって「すいません、値段間違えてました」と。。(涙)

あれだけ念を押したのに・・

昨日、確認をして、30分後に何かあったら電話するって言ったのに。翌日に廻したなぁ!!

ま、よくあることですよね。

あ〜あ。安いところ、探そう。東京近郊でSO503iが機種変更で1万円切っているところがあったら教えてください。

さて、私は仕事にはノートPCを使っているのですが、自宅にもちょっと古めのデスクトップがあります。ただ、こいつがちょっと(かなり?)非力で、かつあまり拡張性がないと言う。

今、実はちょっとビデオの取り込みとかその辺りをやりたいなあと思っていて、環境構築をしようとか思っていたりするのですが、こりゃあ買い替えかなあ、などと思ったり思わなかったり。オフィスにはそこそこマシンがあるのですが、どれも大型で自宅に置けるようなサイズでも音でもないので、静かなマシンが欲しいなあとか思ったり。

物欲と言うか、妄想が脹らみ過ぎですかね・・

マウスとキーボード(2001年10月9日)

最近の社長室は、ちょっとコンピューター関係を意識しているのです。というわけで今日はマウスとキーボードの話題。

最近、手元にあるマシンが増えてきたせいか、マウスとキーボードがゴチャゴチャしています。で、とりどりの種類を使っているので訳がわからなくなってきております。まあ、できるだけマウス一本(って、マウスって何で「一本」って数えるんだろう?)で作業はしてはいるのですが、そのマウスも取り違えて

「あれ、動かない」

とかやっていて、我ながら滑稽です。こういう環境の人ってどれぐらいいるのでしょう?やっぱり、CPU切り替え器入れないと駄目かな・・

さて、今使っているキーボードでお気に入りはサンフランシスコのLinuxWorldで買ってきたHappyHackingKeyboardLite2です。初代に比べて、左側にFnキー(これと数字キーを同時押しするとファンクションキーになる)がついて、右側にはカーソルキーが付いたのが大きな違い。使ってみると最高に使いやすい。日本での値段の半額で変えたので、もう1つ買っておけばよかった。。

マウスはこれといったものが見つからなくて難儀しています。光学式マウスは今年に入ってすでに3つも壊れているので、出来れば丈夫な光学式かあるいは使いやすいボール式を仕込みたいのですが、お勧めはないですかね?

ビデオカメラを買ったのだ(2001年10月11日)

なんとなく今更という感じはしますが、ビデオカメラを買いました。SONYの DCR-TRV30という奴です。

色々と逡巡して、個人的にはDCR-VX2000というのが欲しかったのですが、さすがに高いので止めました。

選択のポイントは

  1. 主に取るのは室内なので、室内の暗さにある程度強いこと
  2. 液晶画面が大きい他、ビューファインダーの角度が変更できること
  3. バッテリーの持ちがいいこと

1.についてはキヤノンのFV2というのもかなり評判が良かったのですが、現行機種でなかったりなんだりということがネックに。

2.については今流行りの縦型タイプは出来ないことが多いので自然と横型機種に絞られました。

3.についてはパナソニック製のカメラ(MX-2500)も最終コンペに残ったのでした。こちらは3CCD式ということでかなりよさそうな感じだったのですが、バッテリーの持ちがあまりよくないというところがネックに。

で、早速オフィスで使ってみたりしました。普通に見てみてもつまらないので、先日Mac OS X 10.1をインストールしたPowerMac G4にFireWire(IEEE1394)で接続しiMovieを起動。実に簡単にビデオで撮影している画像がディスプレーに映し出されます。ボタンを押せば取り込み開始。

こんなに簡単でいいの??

とりあえず当面の目標はストリーミング配信ですね。色々とやってみようかなと思っているところですので、乞うご期待。

今日の1枚

▲MIRACLE LINUXの吉岡CTO

久々の今日の1枚。といっても、撮影したのは昨日ですが、MIRACLE LINUX V2.0の記者発表会にて、「よ」こと吉岡CTOがスーツ姿に。私もお付き合いはそこそこありますが、初めてみました(笑)

PCでTV(2001年10月12日)

着々と進むPCのマルチメディア化(?)。今度はTVチューナーカードを入れました。AOpenのVA1000という奴です。

装着してアンテナケーブルと接続(オフィスに私の机の脇にはアンテナコネクタが来てますので特に問題なし)ドライバインストールしてソフトをインストール。おお〜、写った。

何が写ったか。

国会中継で、小泉首相のアップでした。かつ、小泉さんってあんまり動かないので、本当にテレビなんだろうか?と思ったりしたのは内緒です。

こいつ、なかなか便利なのがiEPG対応でWebで番組を見れるほか、番組表の「予約」という小さいアイコンボタンをクリックすると録画予約が出来ることです。

しかし、録画してみたのですが、音声が入っていない!で、元もとの持ち主に聞いてみると「音声はサウンドカードから録音するから、チューナーカードからサウンドカードに音声ケーブルで繋がないと駄目だよ。」とのこと。あれ〜、音声ケーブルなんて入っていたかなあ??

ま、いいか。

このVA1000というボードはBT878というチップを使っているらしく、こいつは Linuxでも動くらしいので、まとまった時間が取れたらLinuxでのセットアップもやってみたいと思っております。

今日の1枚

▲みっくちゅじゅーちゅ。

折りたたみ自転車(2001年10月13日)

自転車が欲しいなと思っています。といってもオフィスにです。自宅には自転車ありますからね。

オフィスに自転車があると、渋谷近辺だけでなく表参道方面から原宿方面に幅広く色々と買い物に行ったりなんだりが出来るかなあと。

オフィスはビルの6Fにあり、かつエレベーターが2Fから乗らないといけない構造なので、階段を1階分登らないといけないのです。ですので、小さくて軽い折りたたみ自転車なら、オフィスに持ち上げられるかなあと。

それにしても、最近街中を見ていると、留めてある自転車の3分の1ぐらいが折りたたみ自転車という感じですね。大流行という感がするのは自分が欲しいからでしょうかね。なので、自転車売り場に行くとピンからキリまでスゴイ種類の自転車があります。高級な奴だとプジョー製とかBD-1とかイロイロあるみたいですね。けど10万円ぐらいするのはちょっと買えないですね。

それでも、社用車が導入されるのは近い?

ひまわり(2001年10月14日)

今日のテレビで知ったんですが、ひまわりといえば気象衛星のことなんですけど、結構大変みたいです。99年に打ち上げられるはずだった後継衛星の打ち上げ失敗のおかげで設計寿命が過ぎているにも関わらず運用しているのだとか。次の打ち上げ予定が2003年と、あと2年も頑張らないといけないらしいのですが、すでに発電能力が65%まで低下しちゃったり、燃料もほとんど残っていないとか。次の打ち上げまでもたない可能性もあるそうです。

まあ、詳しいことは置いておくとして、もし気象衛星が使えなくなっちゃったらどうするんでしょうね。私は常に折りたたみの傘をカバンに入れっぱなしであまり天気予報は見ない方なのですが、それでも週末とか何かある時の天気というのはやはりチェックしますからね。

天気予報のない生活。考えてみると、かなり不便ですね。なんとか解決できるといいのですが。。

今日の1枚

▲合掌造りの家。いいですね〜、日本の家って。

POPが遅い〜(2001年10月15日)

9月29日の社長室で解決したかのように見えていたPOPによるメール受信が遅い現象ですが、解決しないまま2週間が経ってしまいました。

その後、折あるごとにイロイロと実験していたところ、判明したのが以下の通り。

  • ipchains(Linuxのパケットフィルタリング)を使っていないとはやい
  • 一度POPを行った後、ipchainsを使うと(なぜか)はやい

で、問題はDNSにあると踏んだわけです。名前解決に引っかかっていると。そこでBIND関係のメーリングリストの過去ログを検索してみたりなんだりしてみて分かったのがBINDのバージョン9はポート53ではなくポート1024以上のUDPポートを使うようになっているということ。

/etc/named.confを見てみると、

options {
        directory "/var/named";
        /*
         * If there is a firewall between you and nameservers you want
         * to talk to, you might need to uncomment the query-source
         * directive below.  Previous versions of BIND always asked
         * questions using port 53, but BIND 8.1 uses an unprivileged
         * port by default.
         */
         //query-source address * port 53;
};

となっているではないですか。

そこでquery-sourceの前についているコメントアウト(//)を取って、

# /etc/rc.d/init.d/named restart

とBINDを再起動。

見事、BINDはポート53だけを使うようになり、POPが早くなったのでした。うーん、これは盲点でした(見て無かっただけなのですが・・)。てっきり、普通に使っていたらポート53を使ってくれると思っていた私が悪いんですけどね。

日々是精進ですね。

さて、先日の「みっくちゅじゅーちゅ」の追加情報ですが、サンガリアのホームページを紹介しておきますので、見てみてください。

CD-Rの品質(2001年10月16日)

最近、CD-Rって安くなりましたね。前に書いた行きつけのDOS/Vパラダイスでノーブランド特価品10枚298円というのがあったので、ものは試しと買ってみました。 1枚辺り29.8円。。私が昔々、初めて5インチのフロッピーディスク(1Dなので 160KB記録可能)を入手した時の値段が確か1800円ぐらいだったので、

640MB=640000KB / 160KB = 4000

なんと4000倍の記憶容量に対して60分の1の価格差ですから、実に240,000倍ものコストダウンが発生しているんすね。

とりあえず、最初の生贄、いやテスターになった副社長は、しきりと記録面の汚れを気にしていましたが、なんで最初から汚れているのかなんて気にしない気にしない。とりあえず使えればいいんだよ、というわけで使ってみました。16倍速で書き込んだにも関わらず、幸か不幸かきちんと書き込めたようです。これが決してその速度で書いても大丈夫なんだよ、という裏書にならないのが悲しいところですけどね。

それにしても、最近CD-Rをよく使うようになりました。特に使っているのが LinuxのディストリビューションをISOイメージでダウンロードしてきてCD-Rに焼く(なんで「焼く」って言うんでしょう?確かに三菱化学のCD-Rはカレーの匂いがしますが・・)のに使っています。こうやってみんなが沢山使うから、CD-Rも安くなっていくのでしょうね。けど、一体何枚が「コースター」として使われているのかと思うと、ちょっと寂しいものもありますが・・

かくいう私も、とある展示会でもらったCDが、いい感じのラベルなのでコースターとして使っているのは秘密です(^^;

びぎねっと特別企画:『0から作るLinuxマシン』ってどうでしょうか?(2001年10月17日)

某MLで「80GBのハードディスクでも買おうかな〜」と書いたら、早速懇意にしていただいている某社の営業のSさんから直接メールで「買って」と言われてしまったので、買っちゃいました。安いです。これでとりあえず中古1.6GBのHDDを使ったりしないで済みそうです。今日は時間が無かった&ケースを開けてみたら配線がひどくて付けられそうになかったので、ブツは明日にでもサザンクロスに入れて、ビデオキャプチャなどできるようにして、来週のLinuxWorldのびぎねっとブースでお見せできるようにしたいと思っています。

さて、Sさんと色々と話をしていて、びぎねっとでPC自作教室みたいなものをやれないかな、という話になりました。パーツからマシンを1台組み上げて、さらにLinuxの1つでもインストールして動かしてみたい人が集まって、ワイワイガヤガヤとやる感じです。もちろん、作ったマシンはお持ち帰りしていただくと。

とりあえず、PCを1台組むとすると大体以下のようなパーツが必要になります。

CPU
インテルとかAMDとか。漢(おとこ)はマルチCPUだろ、とかも十分アリ。

マザーボード
この辺り、お好みに応じてピンからキリまで。

メモリ
最近は安くて目が廻りそう。128MBが1000円を切る日も目の前だ。

ハードディスク
これまた激安。「どうしろって言うんだ」というぐらい大容量化まっしぐら。

ケース
これまたピンからキリまで。一時期は高級なアルミ製が流行っていたけど、最近は安くて使いやすいスチール製が人気があるらしい。

CD−ROM
CD-R/RWとかDVD-ROMとかDVD+RWとか色々ある。

ネットワークカード
これまたピンキリ。安いのならカニ(Realtek)、しっかり使いたいなら3Comあたりは高いけど安心。ゲートウェイにするなら2枚挿し。さらにもう1枚追加して DMZも作ってファイアーウォール化するのもさらにアリ。

ビデオカード
Xでグリグリしたいならそれなりに。マザーボードにオンボードだったりする場合もある。いわゆる統合チップは、ディストリビューションによっては上手に認識出来なかったりするので少し注意が必要。

諸々
RAID組みたい、とか、テレビみたいとか、音楽バリバリ、というのも大いにいいのではないかと。

結局、びぎねっとメンバーに、この手の話がどれぐらいニーズがあるのか分からなかったので、とりあえず社長室に書いて、あとMLで反応を見ましょう、ということになりました。数人集まるようでしたら、土曜日の朝に秋葉原集合、パーツ買い集めてびぎねっとオフィスへ移動して午後から組み立て、なんていうのも楽しいかな、なんて思ったりもしました。あるいはパーツのチョイスはこちらでしておいて、仕入れておくので身体一つで来て貰って組み立てをするとか。どんなもんでしょうね。

やってみたいなあ、と思われる方がいらっしゃれば tmiyahar@Begi.net までご意見をお寄せください。開催は多分ボーナスが入る12月ぐらいにやることにしたらいいかな、などと勝手に思っています。

VA(2001年10月18日)

Red Hat社のニュースリリースによると、VA LinuxのオープンソースコンサルティングチームがRed Hatに移籍(JOIN)したらしい。

ニュースリリース

現在のところ信頼できるニュースソースがリリースしかないため、正確なところは分からないが、元VA Linuxのプロフェッショナルサービス担当の副社長だったMarty Larsen 氏がRed Hatに移った事は伝えられている。実際、Googleで検索するとVA Linux 社のエグゼクティブスタッフとしてヒットするのだが、ページを見に行ってみると消えている。キャッシュにも残っていない、VAからのリリースも出ていないのでどういう経緯で移籍したのかがイマイチ掴めない。

まあ、この手の話は(特にアメリカでは)よくあることといえばよくあることなので、さほど驚きはしないが、こういうネタでリリースを打ったりするのはやはり情報開示と株価対策なのでしょうね。

しかし現時点では残念ながら市場からは好感されていない様で、売られています。

NASDAQのRed Hatのチャート

うーん、難しいですよね。コンサルティングビジネスは、単に人が移ったからと言ってビジネスバリューが一気に高まるわけではありませんから。 Linuxやオープンソースはサービスビジネスといいますけど、「じゃあ、サービスってなんなんだろう?」と考えさせられるニュースでした。

ハードディスク間のデータ移行について(2001年10月19日)

さて、水曜日に届いたハードディスクですが、無事にサザンクロス(P3の2CPUマシン。勝手に命名)に装着されました。かなりの増設を重ねたおかげで、すでに

プライマリマスター 20GBハードディスク
プライマリスレーブ 空き
セカンダリマスター CD-R/RW
セカンダリスレーブ 10GBハードディスク

という状態で、3.5インチベイもかなりキツキツ状態だったため、10GBハードディスクのデータを新しい80GBハードディスクに移行させることにします。

とりあえずプライマリスレーブに接続してLinuxを起動。fdiskで10GBのパーティションを作成し、mkfsで利用可能にする。/home2ディレクトリを作成してここにマウントして以下のコマンドで/home以下をコピー。

# cp -dpR /home/* /home2

-dでシンボリックリンクやハードリンクの状態を維持したままコピー、-pで所有権やパーミッションをそのままにしてコピー、-Rでサブディレクトリ以下を全てコピーします。-dpRは-aという1個のオプションでも同等の役割を果たすようです。 cp以外に、tarやcpioなどのコマンドを使うのもいいみたいですね。

あとはプライマリスレーブとセカンダリスレーブを交換し、10GBのハードディスクはお役御免となりました。

あとは再起動すればOK、と思いきや、使っているのがTurbolinux 7だったためにデフォルトのファイルシステムがext3じゃないですか。mkfsはデフォルトがext2 のため正常にマウントできません。/etc/fstabを書き換えてext2のままで使ってもいいのですが、せっかくなので再度ディスクの接続を戻し、

# mkfs -t ext3 /dev/hdd1

で初期化して再度コピー。最終的には無事に移行が完了しました。

この辺りの手順って、きちんと書かれているドキュメントってなんだか少ないよなあ、などと思いました。参考になれば幸いです。

AirH"(2001年10月20日)

今日、郵便物を開けていたら、先月のドコモのPHSの料金が4000円超えてました。そんなに使ったかな??まあ、そんなものかもしれません。

で、これを見て、DDIポケットのAirH"のつなぎ放題プランにするのもいいかなとちょっと思ったり。来月、CFカードサイズで物凄い小さいAirH"用のカードが出るんですね。

これをLinux化したiPAQに繋いで、ダイナミックDNSで歩き回れるLinuxサーバーというのを作れないかな、などと間抜け(?)な企画を考え中です。通信しっ放しだと、バッテリーが厳しそうですが・・

しかしCFカード同士なので、発表になったMelonではちょっと難しそうです。やっぱりLinux専用機にするしかないかな?

選挙に行ってきました(2001年10月21日)

今日は住んでいる川崎市の市長選挙だったので、投票に行ってきました。ここ最近、不在者投票が非常にやりやすくなったため、ずっと平日に不在者投票することが多かったのですが、今回はかえって当日の方が時間があったので久々の投票日投票です。

葉書を持って行ってチェックを受けると投票用紙を。鉛筆で書いて投票箱へ。うーん、シンプルです。不在者投票の場合、2重の封筒に入れたりしないといけなくて、これが選挙区と比例代表があったりすると4つも封をしないといけないことになります。面倒というかなんというか。

出口あたりに黒板があるのですが、この投票所のカバーする有権者は約1万人ぐらいなのですが、午前11時時点で投票率7%・・いくらなんでもねえ。。

反面、私が投票所に行った時には杖をついたおばあさんがわざわざ投票に来ていました。土地柄、学生や単身者の住民が多いところなので仕方ないとはいえ、この投票率はいかがなものかと。もう少し、選挙制度考えた方がいいんじゃないだろうか?

それこそ、投票を携帯で行えるようにして、投票の「義務」を果たさない時には携帯を使えないようにするとか、何かペナルティを考えないと駄目なんじゃないかな?

電子政府だなんだと言いますけど、その前に国民の政治意識を高める必要があるんじゃないですかね。

このページのTOPへ