はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

読み物

Linux基礎

カーネルとは?

「Linux」とは、狭い意味で言えば「カーネル」のことを指します(「Linuxとは」参照)。それでは、この「カーネル」とは一体何者でしょうか?

コンピューターの構造は、大きく分けると「ハードウェア」と「ソフトウェア」の2つに分ける事ができます。カーネルはこのソフトウェアの中で最もハードウェアと密接に関わっている部分と言えます。つまり、カーネルはハードウェアを直接コントロールしているソフトウェアと言える訳です。

Linuxカーネルが受け持っている機能をいくつかリストアップしてみましょう。

CPUのコントロール

CPUはコンピューター全体の要となる装置です。カーネルの大事な役割に、CPUのコントロールがあります。

メモリの管理

メモリは、CPUが動作するための命令とデータを記憶しています。メモリの管理もカーネルに欠かせない機能です。

ディスクのコントロール

ディスクはメモリに入りきれない、あるいは電源が落ちた際に消えてしまっては困る命令、データを記憶させる2次記憶装置です。Linuxにはディスクのないディスクレスシステムもいくつかありますが、基本的にディスクのコントロールもカーネルの大事な機能です。

タスクの管理

Linuxではシステムとしての機能をいくつかのプログラム(=タスク、プロセス)として実行、実現しています。それらのプロセスをきちんと動かす管理もカーネルの機能です。

以上のような、コンピューターの処理として基本的な部分を受け持っているのがカーネルです。

このページのTOPへ