はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

読み物

Linux基礎

Linuxとは?

Linuxとは、簡単にいえばUNIXに似たオペレーティングシステムの一つです。が、狭い意味で言えば、Linuxとは、「カーネル」のことを指します。広い意味では、カーネルを中心とした様々なプログラムの集合体をLinuxと呼びます。最近では、多くの場合、後者を指してLinuxと呼んでいます。

他のオペーレーティングシステム(OS)の例としてはWindows・MacOS・Solaris などがあります。OSとは、ハードウェアと我々が利用するソフトウェアをつなぐものであり、利用しているユーザーから見るとあまり意識しないものです。Linuxは、ネットワークサーバー用途に多く利用されているオペレーションシステムで、その上でWebサーバー・メールサーバー・ファイルサーバーなどを動かしています。なお、近年では何台ものLinux搭載コンピュータを使って、スーパーコンピュータ並みの数値計算を行うなどの用途にも使われています。

使用例 このマシンではLinuxが稼動している。

Linuxはフリーソフトウェア(オープンソースソフトウェア)

Linuxの特徴として必ず言われるのが、GPL(GNU Public License) にもとづいたフリーソフトウェア(あるいはオープンソースソフトウェアとも呼ばれる)である、ということです。これは、簡単に言えば、Linuxの中身である、Linuxがどのように動くかを記述したプログラム(ソースコード)が誰でも見られるようになっており、誰もがこのプログラムを自由に利用できると言うことです。その利用範囲は文字通り「自由」です。単純にそのまま利用するもよし、改造して利用することもOKです。

フリーの意味

現在のほとんどの「非」フリーソフトウェアが改造・改良して利用することを認めていない点を考えると、Linuxやその他のフリーソフトウェアの特徴は際立っています。フリーは「無料」の意味ではなく「自由」の意味なのです。ですので、フリーソフトウェアを販売するのも、あるいは無料で配布するのも、やはり「自由」なのです。

Linuxが頑張っているところ

LinuxはもともとIBM PC/AT機で開発されました。PC/AT機は、現在でも最も多く利用されているコンピュータであると言えます。当然、今でもLinuxは主にPC/AT機で利用されています。その利用方法はサーバー目的が主流ですが、それ以外にも、開発用や様々な科学技術計算用のワークステーションとしても利用されています。

また、Linuxはソースコードが公開されているため、PC/AT機以外の種類のコンピューターへの移植も積極的に行われてきました。大きい物では汎用機(ホストコンピューター)から、小さい物ではハンドヘルドPCやPDA、また最近では家電製品などにまで使われています。

このページのTOPへ