はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっと社長室ブログ オープンでいこう

自分のMacの出生地と誕生日を調べるアプリ

Mac用の面白いアプリを見つけました。自分のMacの出生地と誕生日を調べてくれるアプリ「coconutIdentityCard」です。

coconutidentitycard.jpg 

早速試してみたところ、私のMacは上海生まれ、生まれたのは2008年9月8日〜14日あたりだそうです。

なかなか面白いですね。是非試してみてください。

SSDが欲しくなってきた

以前からMacBook AirのSSD版が気になってたり、OSC北海道でひよひよさんと話したりしたこともあって、SSDをずっと調べていたのだが、今日も以前からの知人とその同僚の方とカレーを食べながら、さらにその夜も某パーティーで話をしながら、SSDがムラムラと欲しくなってきた。

最近はMLCタイプならかなり安く、とりあえずテスト用というレベルで購入できる。とにかく触ったことがないこともあって、まずは一番安い奴を買ってきて、試してみるのが一番かな。

問題は、どのマシンにいれるか。ML115 G5にQuadコアなOpteronを搭載して自宅サーバーにしようとしているので、これに入れてみるのが第一候補。ただ、仮想マシンをいくつか動かそうと思っていて、そうなると容量もそれなりに必要になるかもしれないのが難点か。最低でも128GBは欲しいだろうし、できれば256GBぐらいは欲しい。256GB単体だと高いから、128GBx2とかか。であれば、とりあえず1個買って使ってみて、足りなくなったら増設なんてのもアリだな。

などと妄想は膨らむばかりだが、しばらくは忙しいこともあって手を出せなさそう。7月中旬の沖縄出張が終わったら、具体的に検討に入ろうと思う。

オリンパス E-P1触ってきた

オリンパス E-P1に触ってきましたので、感想を少し書いておこうと思います。

まず持った感じですが、サイズはコンパクトカメラから考えると意外と大きめ。ただ、持った感じは軽い感じ。グリップ感はいいので、持ちやすいですが、一眼レフに比べると出っ張りが少ないので、しっかりと持っておかないと駄目ですね。

まずはパンケーキレンズからですが、オートフォーカスは行って戻ってくる感じで、昔のEOSみたい。最近の高精度AFに慣れてると、ワンテンポ遅い感じがします。「ハイスピードイメージャーAF対応」ということなのですが、この辺は仕様なんでしょうか。

設定のせいかもしれませんが、シャッターを切った後、シャッターボタンを押すまで撮った画像が出てるので戸惑いました。

パンケーキレンズの方にはMFリングは付いていないのかな?盗難防止用のテープが巻いてあることもあって、よく分かりませんでした。

次にズームレンズ。本体のグリップ感がいいせいか、結構繰り出しても問題ない感じです。AFはやっぱりややもっさり感があるけど、問題ないかな。

ここでMFにしてみましたが、MFリングを廻すと液晶モニタがx10表示になってしまう。これも設定のせい?設定を元に戻したいのだけど、ボタン類が普段使いのキヤノンと違っているせいもあって、よく分からない。この辺、乗り換えの障害かも。長く使っているせいもあるのだろうけど、キヤノンのボタン類はシンプルで分かりやすい気がする。別途リコーのGX200なども触っていたのだけど、やっぱりボタンの表記などが直感的ではなくて分かりにくかった。

というわけで、ファーストインプレッションとしては、悪くはないけど、10万以上出して買うのは正直しんどいかな、というところ。どうしても使いたくなるマイクロフォーサーズ規格のレンズが出てくるまで待つことにします。

オフィス素敵化計画

オフィスを素敵にしたい。

会社を作ってから、いや作る前からずっとそう思っていた。サラリーマンをしていた頃から、自分の机にステレオコンポを置いたり、けっこう好き勝手やらせてもらっていたし、自分で会社を始めた今はさらに好き勝手にやってるような気がする。

でも、同じレイアウトってしばらくすると飽きが来るというか、非効率的な無駄な部分が目立ってくる。たとえばストレージが活用し切れていないとか、逆にストレージがないので机の上に出しっぱなしのものが多いとか。徐々にムズムズしてきて、そろそろオフィスのレイアウトも変更したいなあとか思ったり。なにせ皆が使っている机は創業時から使っていてもう8年は経っている。もちろん、まだ使うこと自体はできるのだけど、脚の部分が全部板になっているので配線作業等に不便だったり、ストレージが無いのも結構痛いところ。

幸いなことに、最近は中古オフィス家具市況が値下がり傾向なので、意外と出物も多そう。いい感じの机も発見したので、来月中ぐらいにはオフィス素敵化計画を発動し、レイアウト変更にトライしてみたいと思う。

動物認印

動物認印なるものを見つけました。

要するに、名前だけじゃなく動物を一緒に彫ってくれるのだそうです。

私の好きなペンギンとかもあります。

2450円と、気軽に買えるほどの金額ではありませんが、ユニークで面白いですね。犬、猫、ウサギからは虫類まで色々とバリエーションがあるようですから、ペットのデザインで作ってみるのもいいかもしれませんね。

名刺交換した相手にメルマガ等を無断で送ってくるのは勘弁してください

ここ最近ストレスとして感じることは、色々な場所で名刺交換するのですが、その相手が勝手に自社のメーリングリストに私のメールアドレスを登録して、メルマガ等を無断配信してくることです。

ちなみに、私がどれぐらい名刺交換するかというと、1年間に多分1000枚ぐらい。なぜならこの前代替3ヶ月分を名刺スキャナーでスキャンしたら400枚ぐらいあったから。

だから、もしこの人たちが全員そのようなメルマガ登録をしてくれると、私のメールボックスは一瞬で破綻するでしょう。それは冗談としても、多分普通の人よりはこの手の問題にぶつかりやすいであろうことは間違いありません。

このほか、会社のWebページには一応問い合わせ用のメールアドレスを書いてあったりするのですが、業者さんお断りと書いてあるのにも関わらず、営業メールを送ってくる人もいます。メールアドレスは収集ロボット対策のためにわざと人間が読まないと分からないようにしてあるのに、そういうところはきちんと読めて、「お断り」と書いてあるところは読めない時点で、ビジネスの相手として失格であることに何で気づけないのだろう(もちろん、気づけないから送ってくるのであることは言うまでもありませんが)。

確かに、この不景気な状況の中、少しでも営業チャンスを作るためにメールマーケティングしたいのは分かります。ただ、それは禁断の木の実であり、一度やれば「デリカシーのない営業手法を取る会社」のレッテルが貼られてしまうでしょう(少なくとも私は貼ります)。

本当にビジネスをしたいのなら、自分のことだけ考えずに、相手のことも少しは考えて欲しいと思うのは、現状では過大な要求なのでしょうか。

復活のPEN オリンパスE-P1

最近あまり使わなくなったLマウントレンズ(古い規格のレンズ)を復活させられるらしいということで、マイクロフォーサーズに興味津々だったわけですが、パナソニックのGH-1を見てみたら、あまりにもスイッチがゴテゴテ付いていて興味がかなりそがれてしまったところに、オリンパスから「PEN」が復活とのこと。

オリンパス「E-P1」

見た感じ、かなりイメージに近いですね。元祖PENは使ったことはないのですが、ハーフサイズで倍撮れるという手軽さ感が復活したような気がします。

ただ、価格が10万前後と、あまり手軽じゃないのが難点でしょうか。レンズアダプターなども買いそろえてみたりすると、結局20万ぐらいは行ってしまいそうな予感。だったら、じっくりとフィルムで撮ってみた方がいいんじゃないかと思ったり、なかなか悩ましいですね(最近、このフレーズで終わることが多い。煩悩ですね)。

またMacBook Airのことで悩む

我ながら、何度目だよ、とツッコミを入れたくなるぐらいですが、またMacBook Airが欲しくなってきています。

今回のWWDCの発表の中で唯一そそられたのが、MacBook Airのアップデート。噂に出ていた3Gモデム搭載はありませんでしたが、大幅な価格値下げとCPUパワーの向上、SSD128GBはいかにも「買い時ですよ」と言っています。

さらに、ここ最近、MacBook Proが突然キーボードとマウスが使えなくなる症状が出ていて、出先でフリーズされると手も足も出ないという状況が昨日も発生。

ただ、難点は相変わらず、ストレージ容量とメモリ。ストレージは外付けディスクを活用することにして、メモリは仮想マシンのことを考えるとやや弱いかな〜と感じます。

まあ、買ってから後悔しても大丈夫な金額にはなってきたのですが・・

反応薄いiPhone 3G Sの発表

ついさっきまで、今日がWWDCだということを失念していました。一応、昨日までは覚えてたのだけど。

以前に比べると、アップルの情報統制は弱くなってしまい、全くサプライズが無くなってしまったように思う。相変わらずガセネタも多いのだけど、ガセネタは明らかにオーバーランしてしまっていて、「そりゃねーだろ!?」と言えるレベルになっているだけに、 ある程度無難な、かつ精度の高い情報に収束しているような気がするのは自分だけだろうか。

さて、iPhone 3G Sですが、性能が良くなったのが一番の売りなんですね。実際に使っていなかったから分からないのですが、今までの機種が遅かったようなので、意外と使い勝手はよくなるのかも。また、コピペがきちんとできるようになったことが、基調講演会場では拍手喝采だったとか。よく分かりません・・

次の機種がいい感じだったら買おうかなと思っていたのですが、あまりドラスティックな変化はなかったようなので、今回も見送りということになりそうです。

季節限定マーケティング

今年のペプシの季節限定商品は「ペプシしそ」だそうです。

略して「ペプしそ」。

過去に「ペプシキューカンバー」をやってくれたことから考えると、今回はちょっと普通すぎるかもしれません。「しそドリンク」とか、普通にありそうですもん。特に健康食品系の店に。

あ、私は「キューカンバー」、好きでしたよ。何本か飲みましたし。夏場はウリがカラダを冷やしてくれますしね。世間的には不評だったようですが・・

とりあえず、店頭で見たら飲んでみたいと思います。

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress