はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっと社長室ブログ オープンでいこう

ジッツオのクイックリリース式雲台にSUNWAYFOTOのL型ブラケットを付けられるようにする

先日の北海道撮影旅行からジッツオのトラベラー三脚2型4段 QDボール雲台キット(GK2580TQD)を導入しました。この三脚に付けている雲台は、アルカスイス互換のプレートが着けられるクイックリリース式の雲台です。

アルカスイスの雲台は昔、かなり写真に凝っていたときに購入して使っていたので、アルカスイスのプレートも何枚か持っていましたが、数が足りないなと思い、SUNWAYFOTOのEOS 5D mk3用L型ブラケットを購入しました。

しかし、このブラケット、水平方向のレールの切り方が太めで、ジッツオのトラベラーセンターボール雲台2型QD(GH2781TQD)だとてロックがかからず、「折角購入したブラケットが使えないのか、困った」と諦めておりました。

今日、ふと思いついて、あらためて雲台のマニュアルを見ていると、互換プレートで付かないものがある時はパーツ交換せよ、とのことが書いてあり、見てみるとプレートを締め付けるクランプ部分のカットが大きいもの(元のが銀、交換用は黒)が別途用意されているではないですか。さっそく交換してみると、バッチリ取り付けられました。

これがパーツ交換後。中央部分のバネと繋がっている下側にある黒い小さいパーツがプレートを締め付けます。左下の締め付けレバーが、以前は廻りきらなかったのですが、交換後はかなり緩くなり、しっかり締め付け可能になりました。

EOS 5D mk3がしっかり固定できました。

L型ブラケットなので、縦方向にも固定できます。雲台のボールヘッドを90度傾けなくてもいいので、安定した縦位置が作れます。難点は、ブラケットのカット部分と雲台側のクランプ固定解除ピンの位置が一緒なので、セットしようとしてもピンが押されず、うまく締め付け状態に入ってくれないことです。一度ずらして設置して、その後正しい位置に戻すという動作が必要なこと。

まあ、細かい問題はありますが、無事に使えるようになって、ずっと胸のつかえになっていたことが解消出来て、とても嬉しい状態ですね!

リニア・鉄道館に行ってきた

先日、名古屋に出張した翌日、「リニア・鉄道館」を見学してきました。

リニア・鉄道館 公式Webサイト

夏休みなので結構混んでるだろうと予想し、開館時間の10時前に到着したのですが、土砂降りの雨にもかかわらず行列が出来ていました。といっても入場が前倒しになったようで、15分待ちぐらいで入場することができました。

 入場すると、SL、時速443キロを実現した試験用新幹線、世界最高速時速581キロを記録したリニア車輌がお出迎えしてくれます。リニア車輌は初めて見ましたが、本当に車輌の下に車輪が無いのですね。こんなのが走るのは理屈では分かっていても、その大きさから考えるととても不思議に思えます。

P1030690.jpg 

P1030693.jpg 

さらに中に入ると、新幹線エリアと在来線エリアに分かれていて、色々な車輌を見学できます。個人的には電車といえば東海道線なので、オレンジ色に塗られた旧型車輌を見るとときめくのですが、ちびっ子達には新幹線の方がかっこよく見えるのでしょうね。

P1030695.jpg 

P1030698.jpg 

展示車両の中には、新幹線の路線の点検などを行う「ドクターイエロー」もあり、内部で新幹線の保線の様子をビデオで見ることができます。メンテナンスが重要なことは、IT系のシステムも一緒ですね。

普通の人も楽しめる「リニア・鉄道館」、機会があれば是非訪れてみてください。

GF1ユーザーが見たGF2

 

GF1とG2の2台持ちですが、スタッフに持たせてイベント記録などをさせるために、GF2を購入しました。

 P1030356.jpg

今回は選択できたので、一番安かった白にしてみました。黒いレンズも意外とシックリきますね。

P1030359.jpg

気がついた一番大きな変更点は、シャッターボタンの右横に動画撮影ボタンが付いたこと。いちいちモード切替しないでもすぐに動画が撮れるのが便利で、G2にはついてましたが、GF1にはありませんでした。

P1030360.jpg

液晶タッチパネルになったことで、背面のボタンは数が減りました。すっきりですね。

P1030361.jpg

FullHDの文字が躍ってます。でもAVCHDだとMacで扱いにくいのでMotionJPEG使っちゃうんですよね。ファミリー向けの機能かな。

という感じですが、やっぱりサイズが小さくなったのが一番大きな変更点でしょうか。ほとんどコンパクトデジカメと同じ感覚で持ち運びできるのが凄い。デザインもオシャレな感じなので、革ケースをつけてもいいかな、なんて思いました。

Wレンズキットで6万円ですから、随分とお買い得になってきましたね。コンパクトデジカメに満足できない人は、いっちゃってもいいんじゃないでしょうか。

ガンプラ30周年「みんなのガンプラ」に作品が掲載された

7月24日(土)に30周年を迎えたガンプラですが、それを記念して「みんなのガンプラ」というムック本が出版されました。この表紙に掲載されているガンプラに私が作った作品を掲載していただきました。

たまたま、この本の編集さんが以前からの知り合いで、表紙に掲載するガンプラを当時小学生だったアラサー、アラフォー世代で集まって作るという企画に参加させていただいたのです。

当日は、まずは新宿のヨドバシカメラホビー館に集合して必要な道具や塗料などを買い集め、会議室で作成スタート。あーだこーだいいながら、思い出話などを語りつつ、小学生の頃に戻ってガンプラ作りです(詳細は記事参照のこと)。

そんな童心に返って作った稚拙な作品が、本の表紙に印刷されるとは、私も大人になったんだな〜と実感してみたり。

この件に触発されて、積ん読状態だったガンプラを作り始めたり、30周年記念のRG(リアルグレード)を作り始めたり、趣味モード全開ですが、ちょっと老眼気味?みたいな寂しさも味わったりの30周年でした。

IMAX 3Dで「アバター」を観る

川崎大師への初詣のついでに、川崎にできたIMAX 3Dでアバターを観てきました。ストーリーについては語っても仕方ないので、映像について少し。

まずIMAXですが、私が初めてIMAXを観たのは、高校2年の夏休みにカナダを1ヶ月一人旅をしたときにバンクーバーで観たように思います。IMAXはカナダ生まれなんですね。高精細な映像に驚きました。たしかコンテンツは四季の自然を写しだしたものだったように思います。

その後、何度かカナダ旅行をする旅にIMAXを観ました。たしかドーム状のスクリーンで観たりしたこともあったように記憶しています。

日本にも、新宿新南口の紀伊国屋のところにできて、何度か観に行ったのですが、残念ながら閉館してしまいましたね。「ファンタジア2000」なんかを観たような。

さて、川崎の109シネマでのIMAXですが、スクリーンはなかなかのサイズです。ただ、通路階段を歩いている人がいたりすると、スクリーンにかぶります。また、前の人の頭が出ていたりするとこれもスクリーンに思い切りかぶるので、もう少し傾斜が欲しかったかも。

3Dは偏光フィルターを使ったタイプ。メガネをかけていても大きめのゴーグルなのでいいのですが、鼻部分がまったくひっかかりません。メガネの人用のゴーグルも欲しいな。

「アバター」ですが、3D効果はやや抑えめかな。たまになんかの破片が飛び込んでくるような表現がありましたが、全体的には空気感の奥行きを出す程度。むしろ高速なパンなどで映像が一部破綻してしまっているようなところもありましたが、これはどこの問題なのだろう?2D版で観たいところですが、これはBlu-Rayで出たときの宿題にしておきます。

アバターは、さすがジェームスキャメロン監督という感じ。エイリアンやターミネーターが好きな人にはお勧めできます。やっぱりパワードスーツなのね。

GWにはレンズを虫干し

GWに入ったので、来る梅雨に備えてレンズを虫干ししました。

普段はケースに入れて、除湿剤のでかい奴をボーンと入れているのですが、たまにこうやって出してあげて、風に当ててあげないと黴びてしまうので。

IMG_0123.jpg 

大きい方がEF400mm F2.8L、小さい方がEF200mm F1.8Lです。

 IMG_6497.jpg

先日購入したKiss X2を装着して動作テスト。どっちかというとカメラの方がオマケっぽい。

IMG_6498.jpg 

Kiss X2に付いていた標準ズームと並べてみる。標準ズームがまるでただのボディキャップのように見えます。

最近はあまり活躍できなくなったこれらのレンズですが、またそのうち引っ張り出すことがあるかも、と思い、なかなか売ったりすることもできません。多分、もう保有部品も無くなって、壊れたら修理することも難しいかもしれませんが、少しでも長く保たせたいものです。

特大Suicaのペンギンぬいぐるみ到着

以前、オンラインで限定販売された特大Suicaのペンギンぬいぐるみ(正式な商品名は「Suicaのペンギンぬいぐるみ(サイズ:XL)」)が届いた。

IMG_5221.jpg

こんな感じの大箱で到着。

IMG_5222.jpg

箱を開けて、ご対面。 

IMG_5223.jpg 

出してみると、こんなに大きいです。全長65センチぐらい?

写真では袋に入っていますが、手触りはしっとりきめ細やかで、なんともいい感触です。これだとみんなが触って白いところが汚れそうなので、袋に入れて飾るか、何か着せた方がよさそうですね。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を見てきた

今日は昼から打ち合わせの後、時間があった&出席者の人が8時まで時間つぶさないと、ということだったので、なんとなく時間を調べておいた「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を見に行く。オフィスのそばの映画館「アミューズCQN」でやっていたのです。

 

けっこう早めに行ったつもりなのだけど、さすがに3人並んで座れるところを選ぶと、えらい前の方の横手になってしまって、あとで座ってみて後悔。最近のシネコンはよくできているので、大体どの席でも問題ないのですが、CQNはミニシアターに毛が生えた程度。初めての鑑賞だったので仕方がないとはいえ、スクリーン位置も低くて、結局2時間ずっと前の人の頭がスクリーンの下端にかかっていたし、多分もう2度と行かないと思う。

 

映画自体はリメイクとしてはよかったと思うが、えらい早くセントラルドグマのリリスを見せちゃったり、それがシンジが残る理由になっちゃうという心理的葛藤を変なヒロイズムにすり替えちゃうあたりに疑問が残った。

 

ヤシマ作戦の描き込みは面白いのだけど、どう見てもラミエルの反撃が激しすぎて、電源系統が生き残っていたとは思えない。ちょっと樋口真嗣氏の過剰演出だったように思う。

 というわけで、破と急はレンタルDVDで見ることにしようと思った。

小樽あかりの路 フォトアルバム

昼の雪まつりを見終わった後、タクシーで札幌駅に戻り、小樽方面へ。南小樽駅で降りて北一ガラスなどを眺めながら、運河の反対端の「クレイジースパイス」まで行ってスープカレーで暖を取ります。しっかし、小樽は寒いな、風が。

その後17時からろうそくに明かりが入るので、ぶらぶらと。
IMG_5024.jpg
運河上にろうそく入り浮き球が浮いてます。

運河から、線路跡のあかりの路をブラブラ。
IMG_5028.jpg
雪玉や雪だるまが一緒に飾ってあります。

それにしても人が多い。
IMG_5034.jpg

ゆっくり見たり写真撮りたいなら、平日に行かないと駄目ですね。。
IMG_5036.jpg
こんな感じに撮るのも、意外と大変です。

というわけで、かなり寒かったですが、それでも暖冬の影響で暖かかったのでしょうか。楽しめました。
また機会があれば、ノンビリ見に行ってみたいですね。

さっぽろ雪祭り(昼) フォトアルバム

一夜明けて、昼間の雪まつりです。

まず、朝昼ご飯を食べるために札幌駅へ。10時開店と同時に回転寿司の「根室花まる」に。名前を書いたら、11時開店までの間、38階の展望台に上って時間つぶし。
IMG_5005.jpg
展望台から小樽方面を望む。

回転寿司は、根室直送のネタを中心にシャリ小さめ、ネタ大きめで堪能できました。
IMG_5009.jpg
オススメには札が付いていて分かりやすい。

その後、北海道庁前の雪だるまを横目に大通り公園へ。
IMG_5012.jpg
記念撮影スポットです。

昼間に見ると、また違った新鮮さ。夜に雪が降り積もって、雰囲気が変わっています。
IMG_1213.jpg
「がっかりだよ!」

1 / 212
 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress